焼岳 登山(新中ノ湯ルート) 雨の焼岳は虫が多くて大変

焼岳

雨の焼岳

0

新中ノ湯登山口 2012年7月13日

  1. 登山百景トップ
  2. 北アルプス
  3. 焼岳

焼岳は2度チャレンジしましたが、どちらとも天候が悪く、良い景色を見ていません。地理的には穂高岳や槍ヶ岳を一望できるのではないかと期待をしています。北アルプスの中では日帰りで気軽に行ける方です。
何よりも虫が多かったのがとても大変で、いくつも刺され痛痒かったので、以来、頭からすっぽりかぶる蚊帳が必需品になりました。

最高標高
2455m
登山口標高
1543m
距離
8.380km
登り
新中ノ湯
下り
新中ノ湯
行動時間
合計5:40
累積標高
690m
690m
平均斜度
9.5度
歩行速度
1.47km/h
時季
2012年7月
天気

持って行った水の量

  • 水2l
  • 水900ml

歩いたルート

Amazonや書店で買える地図

雨の焼岳登山

焼岳は2,455mで北アルプスのひとつ。
歩行時間も往復で6時間と考えれば、日帰りで登るにはちょうどいい。南峰と北峰があり、南峰の方が60mほど標高が高いが、今は立ち入り禁止になっている。
そのため、実際には2400mに満たない北峰の山頂へ登る。

序盤の樹林帯と、晴れていれば山頂への登り坂に取り付いたときの眺望は見もののルート。
雨の中では水を吸った緑を楽しみながら登りたいところが、終始、多くの虫が飛び交い、立ち止まると刺されるので視界を楽しむ余裕もない。
7月はイワカガミなどの花も多く見られるので、虫のいないところがあれば足元の花にも注目したい。

前日からの雨が残り、天気予報では曇り時々雨。
山の天気だからきっと予報通りにはならず、雨がシトシトと降るかもしれないなと希望的な観測をしつつ登山口へと向かう。

焼岳の行程

上信越道松本ICから上高地方面へと向かい、安房峠トンネル手前から中ノ湯温泉へと入っていく。
温泉を過ぎ、登り坂を折り返しながら進むと右側に登山口が見える。

中ノ湯駐車場
焼岳小屋合流地点
焼岳北峰
焼岳小屋合流地点
中ノ湯駐車場

  • 尾根ルートは何も見えない

    駐車場は広くない

焼岳へ新中ノ湯ルートを登山

登山口の横にある駐車スペースに車を停め7時にスタート。
天候が良くないにも関わらず、連休ということもあってかたくさんの車が停まっていた。
空は一面の白。
とにかく先には何にも見えず、緑に囲まれた登山道をずんずん歩く。

  • 入口に看板

    入口に看板

  • ひたすら緑と虫の登山道

    ひたすら緑と虫の登山道

焼岳に限らず、湿度の高いときは小さなブヨがよく発生する。
このルートを歩いているときにも顔の周りを飛ぶブヨが酷く、ずっと後を追ってくる。
ときどきバシバシとぶつかってきたり、手で払った感触も割と堅くて大きい感触があって、下界のヤブに飛んでいるブヨ類とはちょっと違う。
この虫のおかげで休みたくても、座っているところに集まってきそうで休むに休めない。
この虫は木の道を抜けるまでずっと追いかけてきた。

  • ツガザクラ

    ツガザクラ

  • イワカガミ

    イワカガミ

  • ツガザクラ
  • イワカガミ
  • あの先っぽまで行く

    あの先っぽまで行く

焼岳山頂へ到着

周りが真っ白の天候で行く先が見えない中、2300mと大きく書かれた石を過ぎ、尾根が突然見えた。
西側からの風がとても強く、真下は何も見えず、どこからか硫黄の臭いもしてくる。
周りを囲んでいた雲の白さも、焼岳から上がる噴煙のようなものも混ざってきた。
じゃりじゃりの茶色い土の登山道は、尾根から先は大きな石がごろごろしている道。硫黄の臭いが香る。

  • 煙がシューシューしてる

    煙がシューシューしてる

焼岳小屋からのルートとの合流点を過ぎ、岩をよじ登るように進むと北峰の山頂に到着。
残念ながら視界が無い。
下山するに従って晴れてきた空。それでも山頂だけは白いまま。

風が強くて肌寒い中、たまに流れてくる硫黄臭の温かな風を受けながら休憩。
なんにも見えないということは、頂上の滞在を名残惜しい気持ちにさせないことが分かった。

  • ガスっていて何も見えない

    ガスっていて何も見えない

  • 山頂からも見えない

    山頂からも見えない

  • ガスっていて何も見えない
  • 山頂からも見えない

下山するに従って、空が晴れてきた。
遠くの方に明神岳も見えてきた。
もしかしたら今ごろ頂上では絶好の景色が広がっているんじゃないか?と思っても、実は白いままなんだろう。

焼岳の登山口コースは、とても緑がいっぱいなこと。
大正池の方から登っても同じなのかもしれないし、雨上がりということもあるのだと思うけれど、ところどころで見上げた木々の緑はとても綺麗だった。

下山後に立ち寄った温泉

平湯温泉 ひらゆの森

上高地や高山周辺での日帰り温泉といえば、まっ先にここを思い浮かべてしまうほど定番にしています。駐車場も停めやすいですし温泉も快適です。

使った登山道具

焼岳の登山記事

登山百景

周辺の山

同じ時季に登った山