黒斑山 登山(高峰高原表コース) 浅間山の展望台のような眺め(3月)

友だち追加数

新着通知

黒斑山

高峰高原表コース 2013年3月21日

高峰高原から黒斑山への登山

黒斑山は浅間山を眺めるのには最高の景色が楽しめる山。
浅間山を囲む外輪山のひとつで標高は2400mあまり。
標高2000mの高峰高原の表コースなら比較的気軽に登ることができる。

車坂峠からトウミの頭越しに見る浅間山の存在感は迫力があり、このルート上の一番の見どころ。
トウミの頭からは樹林帯に入るものの、山頂では視界を遮るものも無く浅間山が見られる。

晴天率の高い3月下旬、残雪期に入った浅間山は気温の高さで雪が緩み、登山道は水分を多く含んだ雪で覆われている。
すっきりとした天候のもとで黒斑山への登山を楽しむことができた。

黒斑山の計画

8:00 高峰高原ホテル(0:00)
11:00 黒斑山(3:00)
15:00 高峰高原ホテル(5:00)

上信越道小諸ICを下りて最初の交差点を左へ。
浅間サンラインを軽井沢方面へと向かい、チェリーパークラインから高峰高原へと向かう。
高峰高原ではホテルの駐車場を借りて車を停め、黒斑山へと向かう。

初春の高峰高原から

とても良く晴れた春の日になった。
朝8時頃、高峰高原に到着するとスッキリ晴れていたので期待していた雲海はナシ。
佐久平が眼下に広がる。
天頂だけ雪が残り、真っ黒になった蓼科山に、八ヶ岳とその奥に南アルプス。
北アルプスがドーム状に北へ広がっている。そして富士山も。
とにかくいろいろな山が見える。

3月下旬、だいぶ解けたとはいってもまだ1mほどの雪の積もった登山口。
風が強いのでしっかりと防寒。

一度解けて、朝の寒さで固く締まった雪面が歩きやすい。
とはいえ、坂道は氷化しているので滑りやすいので、アイゼンがあった方が良い。
中コースは20分ほど坂道を登った後、軽く下る。
その下りは足元がとても悪くて、とにかく滑る。

  • 【黒斑山】登山百景-ここに停めさせてもらう

    ここに停めさせてもらう

  • 【黒斑山】登山百景-まだ雪が多い

    まだ雪が多い

  • 【黒斑山】登山百景-雪道はシャリシャリ

    雪道はシャリシャリ

  • 【黒斑山】登山百景-浅間山が見えた

    浅間山が見えた

  • 【黒斑山】登山百景-シェルター着

    シェルター着

トーミの頭から雪の浅間山を眺める

車坂峠までの登り坂は、ところどころに焼石がゴロゴロと顔を出している。
滑る足元に気をつけながら、登山口からスタートして約2時間ほどで避難シェルターへ到着した。
ココまで来ると左側にはトウミの頭のゴツゴツとした岩、浅間山が大きく見える。

トーミの頭までの急な坂道は、日が良く当たるようで、泥道が露出していたところもあった。

トーミの頭からの眺めはとても良い。
浅間山の雪はとけて黒くなってきていた。浅間山を見ながら黒斑山へ。
雪が解けたぶんだけ登山道に張り出していた枝が無くなっていて、とても歩きやすい。

  • 【黒斑山】登山百景-トーミの頭と浅間山

    トーミの頭と浅間山

  • 【黒斑山】登山百景-すぐそこ黒斑山

    すぐそこ黒斑山

黒斑山からの浅間山を眺める

2時間40分ほどで黒斑山に到着。

ここから先、外輪山が続き、進むほどに浅間山が見える角度が変わって眺望はとても楽しくなる。
相変わらず風が強いので、いろんなものが飛びそうだった。

下りは中コース

解けた雪がとても滑りやすい。
ほとんど登りがなく下り続けるコースは帰りのルートとしては選びやすい。

  • 【黒斑山】登山百景-浅間山が大きい

    浅間山が大きい

  • 【黒斑山】登山百景-振り向けば八ヶ岳

    振り向けば八ヶ岳

  • 【黒斑山】登山百景-頂上に着いた

    頂上に着いた

下山後に立ち寄った温泉

高峰高原ホテル

持っていった道具

黒斑山 高峰高原表コース 登山レビュー

この日のコースタイム

  1. 高峰高原ホテル
  2. 車坂峠
  3. トーミの頭
  4. 黒斑山(2:40)
  5. トーミの頭
  6. 中コース
  7. 高峰高原ホテル(3:47)
最高標高
2404m
登山口標高
1973m
距離
5.57km
登り
表コース
下り
中コース
行動時間
登り2:40・下り1:07・合計3:47
累積標高
478m
479m
平均斜度
9.8度
歩行速度
1.44km/h
時季
2013年3月
天気
晴れ

浅間山を見るならこの山!というイメージの山です。
スタート地点がすでに標高2,000mなので気軽にスタートでき、夏も雪のある時季も登山者がたくさんいます。
四季を通じて浅間山の姿を楽しめると思います。
表コースは登りがオススメですが、帰りは中コースが良いです。人の少ないときにはソリを持って行くのも良いかも。
スピードの調節に気をつけて滑り降りるパターンもアリです。

浅間山周辺の山

同じ時季に登った山

浅間山立ち寄り情報