ブナの森を登る巨木の谷

鍋倉山

1289m

巨木の谷 2023年8月21日

鍋倉山 (8月)|ブナの森を登る巨木の谷
  1. 登山百景トップ
  2. 上信越
  3. 鍋倉山

登山百景LINEスタンプ

鍋倉山といえばブナの豊かな森に覆われる関田山脈の峰。
信越トレイルのコース上に位置し、登りやすさに加えてアクセスの良さからも訪れるひとも多い。
ただ標高1288mは夏場には暑く、樹林帯の尾根が続く登山道はサウナのような蒸し暑さ。
くわえて低山ならではの虫の多さもあって、苦行のような山行となる。
その暑さと虫の多さと引き替えに、山の全体を覆うブナの森が美しい。

長野県側には尾根の谷あいにブナの巨木が立ち並ぶ斜面があり「巨木の谷」と言われている。
森太郎・森姫という巨木が、この谷の象徴的な存在となっている。

街では37度という予報も出ているほどの暑い最中。
鍋倉高原から関田峠へ向かって林道を上る。

歩いたコース

登り
巨木の谷
下り
巨木の谷
最高標高
1289m
登山口標高
876m
距離
5.19km
累積標高
437m
433m
平均斜度
9.52度
時季
2023年8月
天気
曇り
日程
日帰り
歩行ペース
登り1:02/下り1:06/合計2:08
平均の歩行速度
2.43km/h

この日のペース

  1. 県道
  2. 森太郎分岐(0:22)
  3. 接続道路分岐(0:33)
  4. 久々野峠(0:52)
  5. 鍋倉山山頂(1:02)
  6. 久々野峠(1:10)
  7. 接続道路分岐(1:29)
  8. 森太郎(1:37)
  9. 森姫分岐(1:44)
  10. 森姫(1:47)
  11. 県道(2:08)

鍋倉山は馴染みの山のひとつですが、「鍋倉山といえば」の森太郎と森姫を見たことがありませんでした。
森太郎と森姫は厚いブナの森を代表するような存在だと思うのですが、そんな存在を目にしないまま馴染みだと思っているのもどうかということで。
高低差は高くもないですし距離もそう長くはないので、手軽なイメージでいましたが、夏の暑さと想定以上の難路で苦労しました。

鍋倉山のブナの森を歩く

長野県飯山市の西側に連なる関田山脈。
斑尾山から始まり、飯山市を覆うようにして新潟県へ繋がっていく。
標高が高いエリアでも1300m付近と、夏は非常に気温が高く、植生も豊かで深い緑に覆われている。

長野県側の鍋倉高原ではブナの巨木の森が広がる。
光ヶ原高原へ続く県道を上っていくと中ほどに10台ほどの車が止められるスペースがあった。
県道最上部の関田峠までは車で5分ほど。
駐車ができるスペースからもその稜線が良く見える。

鍋倉山登山

これか!

準備を整えて県道を少し下ると藪の枝にピンクのテープが見えた。
緑の壁にトンネルのような穴が空き、中を覗いて見ると奥へと続いている。

あまりの緑の深さに不安を覚えつつも、このエリアの土地勘で目星をつけていた場所、あらかじめ地図で知った場所と考えてもこのリボンと一致する。
身を屈めて緑の中へと入っていくと、すぐにブナの巨木の谷の案内板が建っていた。
森を大切にするための注意喚起で、森太郎を指す道標も一緒に建っていた。

鍋倉山登山

トンネルだ

登山道は緩やかに緑のトンネルが続いていく。
頭よりも低い位置に迫り出している枝が多い。
気持ち良く視界いっぱいに広がる緑を見つつ、枝を潜るたびに頭を下げる。

周囲を見上げると背の高いブナが立ち並ぶ。
空を覆うような緑から陽が射して気持ちが良い。

鍋倉山登山

静かなところで緑が見たかった

10分ほど歩いたところで、大きく左へと折れ曲がった。
なだらかに登っていた登山道は、急斜面を横切るようになり、さらになだらかに変わった。

1人が歩ける程度の幅で、なだらかに登りながらもところどころで木々が斜面から迫り出し、それを跨いだり潜ったり。
狭い登山道を歩きながら、何度も足を上げたり身を屈めたりで体勢を変えるのはなかなかに辛い。

鍋倉山登山

木を潜ったり跨いだり

尾根の直登

登山開始から20分

登山開始から20分ほど、森太郎と山頂への分岐点に着いた。
直進をすると森太郎、鍋倉山の山頂へは右へ尾根を直登する。

尾根の左右にはブナの森が広がる。
葉の間から陽が射して緑が鮮やかに感じられる。
左側にチラリと見える葉の間からは、山肌を覆うブナの森。

鍋倉山登山

緑がいっぱい

接続道

直登10分

10分ほどの直登で、森太郎と接続道の分岐点に着いた。
登山道の端に建てられた道標には、信越トレイル1.6kmを指していた。
接続道は森の斜面を横切りながら、稜線上の久々野峠まで続く。

鍋倉山登山

ここから先、たしか高低差はゆるめだったと思う

接続道は左右の緑が深いものの踏み跡がハッキリと付いているように見える。
なだらかそうに見え、緑を楽しみながら歩けるつもりでいたところ、すぐに直ぐに登山道を枝がふさいでいた。
頭を下げて枝を避ける。
斜面の登山道はとても細く、谷側は木々が茂っているもののとても深い。
狭い道の上で足を上げたり頭を下げたりの体勢も厳しい。

鍋倉山登山

屈んだり足を上げたり疲れました

厚い森のおかげで、まわりの眺望もなく、見えるものは緑ばかり。
陽が当たりやすい場所では、草が生い茂って狭い登山道を隠している。
おだやかな登りも、体勢を変えたりバランスを保ったりの繰り返しで、地味に疲労感が募る。

登山口から52分

登山口から52分ほどで久々野峠に到着した。
序盤の緑の美しさを楽しむ気分は、接続道の地味な大変さで一気に萎えてしまった。
当初、想定していた以上に接続道は長かった。

鍋倉山登山

ものすっごく長かった

接続道の緩やかな登りと、木々を避けるためにかなり疲労感があった。
久々野峠から鍋倉山の山頂へは角度を変えて登っていく。
登山道はまた緑のトンネルが続く。
接続道のような狭さはなく、登りの角度がきつく木や根の段差を越えることが多い。

鍋倉山登山

木を跨ぐのも疲れました

鍋倉山山頂

1時間2分

登山口から1時間2分ほどで山頂に着いた。
何度目かの鍋倉山山頂は相変わらず何の景色も無い。
特に見たいものもなく、山頂の真ん中に置かれた祠を見ながら、端に腰を掛けて休憩を取った。

鍋倉山登山

着いて良かった

山頂から南へは仏ヶ峰や戸狩スキー場へと続く信越トレイルコース。
山頂の南側のコース上には、木々が開けて眺望が楽しめる場所もあるという。

鍋倉山登山

来た道を帰る

下山

下山は久々野峠から接続道を下り、森太郎を見て登山口へ戻る。

山頂直下の下りは木々が迫り出している部分もあるものの、そう気になるようなところもなく、比較的歩きやすい印象で下りていくことができた。
10分も掛からずに久々野峠に着き、核心部の接続道。
登りでも山側から迫り出してくる木々には苦労した接続道、下りでもそれは変わらず、くわえて草が茂っていて足元が見えづらい。
体重を預ける下りの方が足元が見えない嫌らしさがあった。

鍋倉山登山

足元が悪いのに葉っぱで見えないっていう意地の悪さ

登りでは30分以上を掛けて苦労した一帯は、下りでも気を遣う場所で、角度の緩さに反して大変な思いをした。

久々野峠から20分ほど掛けて接続道を下り、直登の分岐に到着した。
このまま狭い斜面の登山道を直進すると森太郎。
巨木の谷を歩くからには、森太郎と森姫を見るつもりでいたので、迷いもなく真っ直ぐに進むことにした。

鍋倉山登山

疲れたけれど森太郎を見ておきたい

接続道から一般的な登山道へと戻ってきたつもりで、分岐点からは歩きやすくなると考えていた。
実際、森太郎と森姫のエリアに入っても歩きづらさは変わらない。
それどころか涸れ沢の湿り気で滑りやすそうな雰囲気すら感じる。
狭い場所に草が茂って足元が見えないことや、枝を潜るようなところも変わらず。

鍋倉山登山

藪感

森太郎

斜面をトラバースするように真っ直ぐに続いていた登山道を5分あまり、唐突に折れ曲がって斜面を下りる。
反対側へ向きを変えて下っていくと、森太郎と書かれた立て看板を見つけた。
登山道の反対側には樹齢や大きさを書いた鉄板が置かれている。

看板の向こうには5mほどの高さのところで折れた巨木が見える。
樹齢400年で幹の周囲は6m近くあるという。
残念なことに2022年に折れてしまい、見ることができるのはその面影だけだった。

鍋倉山登山

折れてしまったのは残念だ

森太郎から広い斜面のなか、藪につけられた踏み跡に沿って行く。
周りがまったく見えず、踏み跡が無ければ自分の位置が分からなくなりそうなほどに草木が茂っている。
現在地も分からず、体感時間を長く感じながら、唐突に森姫と書かれた道標を見つけた。
ここから斜面を下りて100mほどで森姫を見ることができるという。
見下ろすと道も分かりやすそうだった。

鍋倉山登山

正直なところ気が進まない

森姫

藪の中に踏み跡が続く。
それを見ながら下りていくと、周りには大きなブナが立ち並ぶ沢に出た。
沢の向こうには踏み跡は無さそうで、登山道は行き止まりになっているようだった。
森姫らしい巨木は見当たらなかった。
そう呼ばれても良さそうな大きなブナはある。

鍋倉山登山

森姫どこ?

森姫ははっきりと分からないと思いつつ、戻ろうと振り向くと、テープがたくさん見えた。
そんなにしつこく印を付ける物かと思うほど、枝に括り付けられているので興味本位に近づいてみる。
すると森姫と書かれた看板が建っていた。

鍋倉山登山

森姫も倒れてしまってるのか・・・

森姫は樹齢300年を越える巨木。
残念ながら2011年に枯死してしまったそうで、根元から倒れてしまっていた。
幹や根から、森姫の大きさを感じることはできた。

県道へ戻る

森姫から登山道へ戻り、県道へと戻る。
いったん分岐まで登り返して、尾根の直登地点へ。
すっかり曇ってしまったおかげで、登りのような陽が射すところもなく、鮮やかさが無くなったように感じた。

鍋倉山登山

疲れました

持って行った水の量

  • 水2l
  • 水900ml

鍋倉山の登山記事

周辺の山

同じ時季に登った山