朝の美ヶ原 (1月)|日の出スポット美しの塔で朝陽を迎える

美ヶ原朝景

2034m

0

朝陽を見たし帰ろうかと

山本小屋 2021年1月

  1. 登山百景トップ
  2. 八ヶ岳
  3. 美ヶ原

長野県のほぼ中心に位置する美ヶ原。
日本百名山のひとつに数えられる2000m級の山でありながら、その山頂と同等の高さまで車で向かうことができ、しかも台地のような特徴的で平坦な山頂部を持つ。
そのため、駐車場から最高地点までほとんど高さを感じることなく歩くことができる。
標高が高いことから木々も疎らなために周囲の眺めが良く、間近に見える八ヶ岳、その肩に隠れるように見える富士山や、アルプスの山々、松本の街などへの眺望が楽しめる。

冬季は長和町から山本小屋へと通じる県道178号線のみが通行可能になっている。
除雪はされているものの日影は凍り付き、標高が高くなるにつれて乾いた雪が滑りやすく通行には注意がいる。

特長的な地形から迎える朝陽を見たいと何年か思っていた。
美ヶ原で朝陽を見るならば、朝の赤さが雪に写される季節が良いと。
日の出は6時50分ごろ。

歩いたルート

Amazonや書店で買える地図

コースデータ

美ヶ原は山本小屋から歩くと、とても手軽で歩きやすく、登山という雰囲気ではありませんがこれまで何度も訪れています。
日中も良いですし、ときにはナイトハイクをしたこともありました。
昼夜の美ヶ原を見て、いつしか朝の景色を見たいと思いました。

2000m近い標高から歩きはじめて、15分ほどで朝陽が見られるスポットへ。
冬の美ヶ原へ車で向かうには注意が必要ですが、歩くのは清々しく、防寒対策をしっかりして最高の景色が見られました。
凍えるほどの気温の低さと、痛みを感じるほどの風の強さの中でしたが、冬の美ヶ原を満喫できたと思います。

この日のコースタイム

  1. 山本小屋
  2. 王ヶ頭(1:02)
  3. 山本小屋(1:51)
最高標高
2034m
登山口標高
1943m
距離
5.88km
登り
山本小屋
下り
山本小屋
行動時間
登り1:02・下り0:49・合計1:51
累積標高
91m
90m
平均斜度
1.70度
歩行速度
3.31km/h
時季
2021年1月
天気
晴れ

持って行った水の量

  • 水2l
  • 水2l
  • 水900ml

使った登山道具

他の美ヶ原の登山記事

  • 山本小屋ふるさと館に駐車

    山本小屋ふるさと館に駐車

朝の美ヶ原へ

美ヶ原は車で2000m近い標高まで上ることができ、ほとんど高さを感じることもなく、最高地点まで雪上を楽しむことができる。
日本百名山の1座に数えられるばかりか、松本市街を見下ろし、間近に見える八ヶ岳や北アルプスへの眺望が良く、その手軽さも美ヶ原が人気のある山の理由と言える。

夏季は松本側からの王ヶ鼻やビーナスラインを通ってのアクセスができるものの、積雪のある冬季は長和町から県道を上るほかに車道は無く、格段にアクセスが悪くなる。
それでも夏と変わらない標高まで上ることができるのはありがたく、おかげで高地からの朝陽を見ることができる。

  • 建物の横から歩き始める

    建物の横から歩き始める

1月下旬、日の出の予定時刻は6時50分ごろ。
約2000mの山本小屋ふるさと館に着いて身支度を整えている時間帯はまだ月が明るく光っていた。
真っ暗な中で車のトランクを開けて荷物を詰め込むのは、ザックの中へ入れ忘れる物が多くありそうで、出発してしばらく不安が消えない。
ふるさと館の横を通って雪の上を歩き始めても、何度か振り返って落とし物が無いかと木に掛けてしまう。
暗闇の中で見える物も無いだろうと分かってはいるのだけれど。

不安

  • 月が明るい

    月が明るい

  • 山本小屋の宿泊棟を横に

    山本小屋の宿泊棟を横に

雪の上は月の光でヘッドライトが無くても歩けるくらいに明るい。
乾いた雪面を踏むと、雪が軋む音が大きく聞こえる。
静けさの中で聞こえるのは風が耳元を切る音と足音だけ。
月の明るさで見えながらも、聞こえる音が少ないことが不思議な雰囲気に感じられた。

景色は見えるのに限られた音しか聞こえない不思議

  • 月の下で王ヶ頭ホテルには灯りが付いている

    月の下で王ヶ頭ホテルには灯りが付いている

  • 東の空は明るくなってきていた

    東の空は明るくなってきていた

5分ほど歩いて山本小屋の宿泊棟の前に差し掛かった。
建物の前にできた雪の斜面を登って雪原の中の歩道へと入っていく。
美ヶ原らしい広く平坦な景色が広がる。
丘のような膨らみは丸みを帯びて、ここは山ではなく海か砂漠かのように思えた。

  • 行く先もだんだんと明るく

    行く先もだんだんと明るく

美しの塔で朝陽を見る

ふるさと館からは15分ほど。
美しの塔に着いた。
王ヶ頭を東側に見る撮影スポットで、美しの塔という特徴的なモニュメントが建っている。

  • 明るく橙が強くなってきた

    明るく橙が強くなってきた

  • 富士山が見える

    富士山が見える

  • 朝陽を見る場所は美しの塔の前に陣取った

    朝陽を見る場所は美しの塔の前に陣取った

平坦で視界を遮る物もなく、八ヶ岳への眺望があり、王ヶ頭を見ることができる。
歩き始めた序盤で朝陽を見るのなら美しの塔が良いだろうと思っていた。

出発した時間帯には暗く朝の気配も感じられなかったのが、美しの塔の辺りでは空が明るくなり始め、山の稜線に沿ってオレンジ色が強く見えていた。

美しの塔のまわりでしばらく過ごし、朝陽が昇っていく時間を見ていた。

何年か前から朝陽を見に来たかった

  • 雪の影が印象的で

    雪の影が印象的で

  • 明るくなって見えてきた雪面

    明るくなって見えてきた雪面

  • 気が付くと先行していたひともそこで待ってる

    気が付くと先行していたひともそこで待ってる

  • 少し場所を変えて美しの塔のシルエット

    少し場所を変えて美しの塔のシルエット

  • 美ヶ原の雪原が見えてきた

    美ヶ原の雪原が見えてきた

  • まるで砂漠のような雪原

    まるで砂漠のような雪原

  • 南佐久の山々の向こうから明るく

    南佐久の山々の向こうから明るく

  • 地面の陰影が印象的だった

    地面の陰影が印象的だった

  • 枯れた草も凍ってる

    枯れた草も凍ってる

  • 枯れた草にしか目がいかない

    枯れた草にしか目がいかない

だんだんと赤くなっていく空と雪面。
朝陽の赤さを受けて、東側の空は淡い色合いのグラデーションになっている。
月はまだ高い位置にあり、明るさというよりも白く見えていた。

同じような写真ばかり撮る

  • 同じような景色ばかりを見続けている

    同じような景色ばかりを見続けている

  • ひたすら枯れて凍った草

    ひたすら枯れて凍った草

  • さらに明るくなってきた

    さらに明るくなってきた

  • 西側の空は幻想的な色になっていた

    西側の空は幻想的な色になっていた

  • 幻想的な色なうえに雪が舞う

    幻想的な色なうえに雪が舞う

  • 風が雪を巻き上げて朝陽の方へ流れて行く

    風が雪を巻き上げて朝陽の方へ流れて行く

  • さらに風が強くなる

    さらに風が強くなる

  • 雪が巻き上がる

    雪が巻き上がる

  • 朝陽の明るさと雪の粉

    朝陽の明るさと雪の粉

  • 美しの塔を振り返る

    美しの塔を振り返る

  • 八ヶ岳には雲がかかっている

    八ヶ岳には雲がかかっている

  • 陽が出てきた

    陽が出てきた

  • 赤い

    赤い

  • 雪も明るく赤くなる

    雪も明るく赤くなる

  • 美しの塔もピンクより赤みが出てきた

    美しの塔もピンクより赤みが出てきた

  • まぶしい

    まぶしい

  • 赤が強い

    赤が強い

  • 赤い朝陽に向かって雪が飛んでいく

    赤い朝陽に向かって雪が飛んでいく

  • 黄金色に輝いているような印象だった

    黄金色に輝いているような印象だった

  • 南アルプスは雲の中

    南アルプスは雲の中

  • 雪が舞うのが気になる

    雪が舞うのが気になる

  • だいぶ明るくなった

    だいぶ明るくなった

  • 朝になった感

    朝になった感

  • 雪原は淡い色に見える

    雪原は淡い色に見える

  • 王ヶ頭へ向かう

    王ヶ頭へ向かう

似たような写真ばかりを量産した

王ヶ頭へ向かう

朝陽が昇り、王ヶ頭ホテルとの間を雪上車が走り始める時間になった。
見たいものを見て満足感ばかりで満たされた気持ちになりながら、いちおう最も高いところへ行かなければならないのだろうという、なかば義務的な思いもあり、王ヶ頭へ向かうことにした。

いちおう行かないといけない気がする

  • 西側に見える浅間山

    西側に見える浅間山

真っ白な雪と青い空の美ヶ原は、いつまでも見ていても飽きないような景色。
ただ平坦な道は歩くには退屈で、景色が良いことだけが良い。

散歩気分でキョロキョロして歩く感じ

  • 塩くれ場

    塩くれ場

  • 王ヶ頭ホテルが近くなった

    王ヶ頭ホテルが近くなった

  • 白い砂漠の中のよう

    白い砂漠の中のよう

美しの塔から5分ほど南へ歩いて塩くれ場を過ぎる。
塩くれ場は松本側の三城牧場へと通じる百曲がりの分岐点にあたる。
王ヶ頭へは大きくカーブして東へと向かっていく。

  • 八ヶ岳を振り返ると雪が飛んでいく

    八ヶ岳を振り返ると雪が飛んでいく

  • だいぶ太陽が高くなった

    だいぶ太陽が高くなった

  • 王ヶ頭近くは少し登る

    王ヶ頭近くは少し登る

暗かった空はすっかりと明るく青くなり、陽が雪に反射して眩しい。
だんだんと王ヶ頭ホテルが近くなっていくと、広かった美ヶ原の東端にまで届き、その先の切れ落ちた向こうには鉢伏山が見えてきた。

冬の鉢伏山も気になる山のひとつ

  • 近くに鉢伏山が見える

    近くに鉢伏山が見える

  • 下に松本側の市街地が見える

    下に松本側の市街地が見える

  • 王ヶ頭ホテルはもう少し

    王ヶ頭ホテルはもう少し

鉢伏山は美ヶ原のように広大な山頂を持つ。
線を引いたように山頂部に樹木が無く、周囲の眺望が良い山としても人気がある。
その向こうには中央アルプスが見えていた。
振り返ると雪面はテカテカに輝いているようで眩しかった。

  • 足元には風の流れた跡

    足元には風の流れた跡

  • 木の枝は凍り付いている

    木の枝は凍り付いている

  • 王ヶ頭ホテルに着いた

    王ヶ頭ホテルに着いた

鉢伏山の北側に見える松本市街を見下ろしながら王ヶ頭へと歩いていく。
ホテルの手前の登りが、このコースで最もキツい斜面。
歩いて5分ほどの登りで、平坦な行程の中では辛い。

登りは嫌だ

  • 振り返ると美ヶ原がい一望できるよう

    振り返ると美ヶ原がい一望できるよう

  • 鉢伏山との間には三城牧場

    鉢伏山との間には三城牧場

  • 王ヶ頭ホテルの裏側に最高地点

    王ヶ頭ホテルの裏側に最高地点

美しの塔からは40分ほど、王ヶ頭ホテルの前まで歩いてきた。
大きな電波塔を横に見ながら王ヶ頭の標はホテルの横を歩く。
見晴らしが良くなり、王ヶ頭と刻まれた標の前に出た。

やっと着いた

山頂

広い美ヶ原の中で最も標高の高い王ヶ頭。
ふるさと館から1時間2分ほどでの到着だった。 800mほど先にある王ヶ鼻というピークが見える。
北アルプスの北から南まで見渡せそうなほどの眺望で、南側には富士山や南アルプス。
三城牧場を挟んで鉢伏山がよく見えた。

もう序盤で燃え尽きてるから景色が目に入らない

  • 石の標が置かれている

    石の標が置かれている

  • 間近の王ヶ鼻と北アルプス

    間近の王ヶ鼻と北アルプス

  • アンテナがいっぱい

    アンテナがいっぱい

  • 王ヶ頭を後にする

    王ヶ頭を後にする

  • 浅間山

    浅間山

しばらく王ヶ頭からの眺めを楽しみ、ベンチのある王ヶ頭ホテルへと戻る。
明け方に強く風が吹いていたのも、陽が高くなるとすっかりと止んでいた。
陽の光も温かく、凍えていたのが嘘のようだった。

朝陽を見ているときは寒かった

  • 美ヶ原の台地の端は切れ落ちた崖

    美ヶ原の台地の端は切れ落ちた崖

  • 八ヶ岳の方を見ると枝の落ちた木が印象的

    八ヶ岳の方を見ると枝の落ちた木が印象的

  • 戻ってきた

    戻ってきた

ふるさと館へ戻る

王ヶ頭を後にして駐車場のあるふるさと館へ。
朝陽を見てから王ヶ頭まで、見るべきものは見たような気持ちで、帰路はサクサクと進む。
陽が高くなるほどに空が霞むようにも見えて、青空と輝くような雪の景色も何だか見慣れたものに思えた。

さっさと帰る

下山後に立ち寄った温泉

和田宿温泉 ふれあいの湯

美ヶ原から和田峠へと下りた最寄りの温泉施設です。
運動公園の中に建てられているので、公園も目につきますが建物も目立ち、温泉があることが分かりやすい印象でした。
八ヶ岳や美ヶ原の周辺には温泉施設も多いので、ここを選択肢にすることは少ないかもしれませんが、蓼科から大門峠を下るとき、冬季の美ヶ原へ訪れたときなどは便利な場所にあります。

和田宿の南側にある湯遊パーク。
その中に作られた温泉施設。
温泉入口にある高い吹き抜けが特徴的で国道からも目立つ。
泉質はカルシウム硫酸塩温泉・ナトリウム硫酸塩温泉で、「傷の湯」といわれていたという。

内湯と露天風呂が楽しめる。

美ヶ原の登山記事

周辺の山

同じ時季に登った山