もう二度と行かないかもしれない登山集 疲れたし遠いし危なかったし・・・

登山はとても楽しいレジャーで、有酸素運動としても最適です。
でも登る山によっては「この山は一度登ったら満足」と、二回目のチャレンジは考えられないこともあります。
自分のレベルに応じた山を選んでも、天候や体調などのタイミングによっても、そういった思いをするかもしれないのが難しいところです。 もう一度、あの山頂に立ちたい。あの景色を見たいとは正反対の思いをした登山を集めてみました。

たとえばこんな山行

妙義山反省の登山
残雪の予想が甘かったこと。
東側は雪の付きにくい岩壁ですので、大きな問題は無いのですが、稜線から西側は深いところで20センチを超える雪が残っていました。

有明山反省の登山
バス代掛かるし、ピストンじゃつまらないし。。。
そんな思いから、スタート直前にルートを見直した結果、バス代を払った方が楽しめたかもしれない。。。。と。

平ヶ岳久しぶりの登山
山へ向かう回数が以前のような頻度では無くなったことと、行けても1時間や2時間で帰ることが多くなりました。
もう行きたくもならないのかな?と思うくらいに山から遠ざかっていたのですが、たまには厳しい思いもしたいなと思って出かけたところ、厳しかったです・・・

関連する記事