友だち追加数

新着通知

長野の名山を個人的な感想でまとめてみた

長野県は海が無い県ですが、内陸にあるからこそ平均して標高が高いところです。
標高を平均すると1,000m以上もあるそうで、もちろん主要な市街地は標高が低いところが多いですが、長野市でも県庁のあるところは362mほどだそうです。
北アルプスや南アルプス、八ヶ岳などの標高の高い山岳が県境にあり、面積の74%以上が森林だということで標高の高い地形だともいえるのだと思います。

百名山ではない名山

日本アルプスがあるということや、日本百名山がアルプスに集中していることなど長野県には取り上げられる名山が多いのですが、アルプス以外にも登りたい山があります。
今回はあえて日本百名山やアルプスを外して、印象に残った山をピックアップしてみたいと思います。

ピックアップしたい長野の三山

岩菅山
長野県の北部にある志賀高原の山です。
スキー場が広がる志賀高原ですが、いくつもの峰があり登ると美しい景色が見られます。
その中でも岩菅山は、山頂から北へと延びる登山道を進むと裏岩菅山へと続く笹平が広がります。
さらに烏帽子山へと続く稜線はとても興味をそそられます。

五郎山
奥秩父にある山で、山体全体は川上村に属しています。
周りには金峰山や甲武信ヶ岳があって目立たない存在ですが、標高は2000mを越え、登山道は急登と険しい岩峰が続きます。
景色を楽しむというよりは変化に富んだ登山道を楽しむといった印象ですが、落葉松がとても美しいので季節を変えて訪れたい山です。

佐渡山
妙高山や高妻山、黒姫山といった知られる名山に囲まれた山です。
標高2000mに達しない山で、藪山のために積雪期のみ登ることができるのですが、山頂からは周囲の山を大迫力で望めます。
山頂までの長い尾根歩きと、どこよりも大きく見える高妻山、レアな黒姫山の後ろ姿など見どころが多い山です。

黒姫山

黒姫山

長野県の北部にある二百名山で2000m以上の標高があります。
厚い樹林帯の山なのですが、山頂部の稜線だけ木が開けて素晴らしい眺めが楽しめます。
まるで外輪山のようにぐるっと回っていくのですが、細かなアップダウンを繰り返しながら気持ち良く歩けます。

高社山

高社山

北信濃を象徴する山のひとつです。
二百名山にも三百名山にも数えられていませんが、標高1300mほどの高さでスキー場もかなり上部まで作られていることもあってかたくさんの人が訪れています。
夏の一時期はリフトの運行もあります。
里山として様々なルートで登ることができ、ゆっくりとした出発で登れます。

鳥甲山

鳥甲山

百名山と向き合うように聳えている二百名山ですが、山体が崩れ始めているので、いずれ登ることができなくなるかもしれません。
登山道は主に2本で、北側からのルートは長くアップダウンが続きます。
南側からは急登が続き、その後に狭く切れ落ちた岩場を渡って山頂へと続きます。
どちらも難コースで知る人ぞ知るS度の高い山です。

御座山

御座山

長野県の東側の北相木村と南相木村にある山で、初夏にはシャクナゲが多く咲きます。
シーズンを問わず登られる山で、山頂部の岩場からは八ヶ岳が広く眺められます。
シャクナゲと八ヶ岳を楽しむための山という印象ですが、北相木から長く歩いて登ったり、南相木から急登を上がって短時間で登ったりと、様々な登山道で楽しめます。

戸隠山

戸隠山

長野県北部の岩峰ですが、信仰の山としても古くから知られています。
登山口には戸隠神社奥社があり、たくさんの人たちが訪れるのですが、その中に混じって奥社から登山道へと入っていきます。
戸隠山といえば、蟻の塔渡りや剣の刃渡りといった狭く高度感のある登山道が有名ですが、そこ意外にも傾斜のある鎖場が連続します。

人気のある登山記事